www.tusima.com


ディテール



       


外気温収納庫
冷蔵まで必要ない 常備薬 お菓子 酒類などを 収納できます。
全室暖房の建物の中で 外気を導入した収納庫です。
外壁同様の 断熱材でくるみ 断熱サッシを収納戸に使い
吸気扇と レジスターを設置し 外気を入れます。




        

壁    t=100×2 細繊維グラスウール 
天井    t=400 グラスウール吹き込み

防湿シート        熱線反射シート   

超高断熱仕様 Q値1.286
      気密層は2枚の断熱材の間に 両面アルミ箔の アストロフォイルを使います。
気密層を 中間にすると 夏冬の熱環境の反転も 安心です。      
    コンセントや設備機器も 気密層の内側なので手軽に配置できます。     



     


防蟻(白蟻)対策
リフォーム工事です。既存基礎を 土間コンクリートで 一体補強します。
白蟻が地中の巣と 餌場の木材部分を 行き来出来ないように
新旧コンクリートの打継部分を 白蟻より細かい金網で遮断します。



       


雪庇(せっぴ)防止装置
雪庇対策に2009年 10年と改良を重ねました。今年の大雪にも効果がありました。
消費電力25Wの小型送風機を使います。1ヶ月の電気代は450円位だと思います。
当初フェンスタイプを計画しましたが 建物の外観が変わってしまうので こちらのタイプを考案しました。 


    



スチール物置を ウッディーな山小屋風に リフォーム
最近は既製品にも多雪タイプも選べ 設置し易さに 注文製作のこだわりをプラスできます。



    


郵便受け口 インターホン  03



      


郵便受け口 インターホン 宅配ボックス 02





    


郵便受け口 インターホン  01









   基礎工事 標準施工写真

                                                砕石t=200 防湿シート0.2o            
                                                ベースコンクリート t=200 強度 40N D10@200 
                                                布基礎コンクリート t=120 強度 40N D10@300 
                                                基礎断熱 イソシアヌレートt=50 内側施工     


                                          コンクリート強度40N 使用の説明 
                        強度的には 20N位で十分だと思いますが(通常は18N〜24N)
                      セメント量の多い高強度コンクリートを使うことにより 長期間にわたり 基礎コンクリートの中性化を 遅らせることが出来ます。
                      少しくらい気温が下がっても 初期強度が高いので 通常通り工事が出来ます。
                      デメリットとしては 値段が2割増し(5〜6万円/1棟)となること、後からの手直しは たいへん等です。

                                           基礎断熱 内側施工の説明
                     コンクリート躯体保護 床下の蓄熱体としては 外側施工が 良いのですが 
                      内側施工により シロアリの蟻道発見が とても容易になり 
                     白蟻駆除の 薬剤使用を 最小限度に出来 環境にも人にも やさしいと思います。
                      イソシアヌレートのアルミ箔面が露出されるので 暖房熱が 内側へ反射される効果も 期待できます。 

                                            1階床下暖房の説明
                     テラスなど 掃きだし窓も 床スリットだけでよくなります。暖房パネルも 床下用の ローコストな物で十分です。 
                    床下全体に熱が回るので 床面に冷たい所はできません。床下の空気が循環するので床下の乾燥状態を維持できます。
                    リフォーム 修理なども 床下だけで工事できるので 後々もムダがありません。
                      











断熱工事 標準施工写真



壁     t=100 細繊維グラスウール 
天井     t=200 グラスウール吹き込み

防湿シート  t=0.2    塩ビフィルム    

細繊維グラスウール 使用の説明
通常より繊維を とても細くして静止空気の保有量を上げた高性能タイプです。
さらに 断熱性能が 良いだけでなく 作業する人が あまり痒くならないため  
丁寧な工事が容易にできることも 大きなメリットだと思います。           
                      

2階(最上階)天井断熱 桁上施工の説明
気密シートを連続して張れるので高気密化しやすく ブローイング工事の様子も下から確認できます。
2階の天井上は あき空間になるので 天井の形状の自由度が上がり                    
間接照明 ダウンライトなど照明計画もデザイン優先 コスト優先など選択肢が広がります。       
リフォーム 修理など必要な時期になっても天井工事が容易になり 手軽に取り掛かれます。       






                 

引き出用レールを 使った収納扉  閉めた時は レールが見えなくなる


                 

ローコストなフロント材で 造った大開口ガラスウォール
耐震性が落ちないように コボット のステンレスブレースで 強化しています





トップヘージ
プロフィール
ギャラリー
Q&A
質問 お問合せ