www.tusima.com

Q&A

質問 008                                                                     
           築20年の木造住宅に 住んでおります。 子供たちが独立し 広い家もあまり必要なくなってきました。 
         夫婦ふたりで 暮らしやすい家に住みたいと思います。 老後のたくわえも 残しておきたいと思います。
           新しく小さい家を建てるか 今の家を小さく改造するか迷っています。 

           

答え 008
          理想の新しい家をご夫婦で ゆっくり計画出来るのは とても楽しいことだと思います。
                                                                       
          80年代後半に完成した家は 今と変わらない工法でしっかり出来ている建物も多いので 
        リフォームする価値は大きいと思います。
          広すぎる部分を撤去して コンパクトにする減築工事は 庭を広くしたり 平屋建にしたり メンテナンスしやすく 
        余裕のある家を 実現できると思います。
                                                                              
          私の提案ですが 広すぎる部分の間仕切壁や天井 建具を 外壁並みの断熱仕様に替えると 冷暖房費は
        小さくしたのと同等に出来ます。お子様たちが帰った時など広く使いたい時は 元のまま使うことも出来ます。



質問 007                                                                       
          部屋の内装が だいぶ汚れてきたので リフォームしたいと思います。
        ついでに 断熱材も入れたいと思います。 外壁は去年塗り替えたので 家の中だけ工事したいと思います。

答え 007
          外張り断熱のように 内張り断熱も出来ますが 部屋が断熱材の厚み分 狭くなります。 
        室内から壁面を見ると 断熱が必要な壁は そんなに広くは無いので 既存壁材をはがす工事でも良いと思います。
        壁の中へグラスウールを充填し 壁内結露を防ぐために 内壁面から気密シート張ると良いと思います。 
          
          床の断熱は 既存床の上にウレタンボードなどを重ねると 段差を解消できる事もあります。
        天井は マット状のグラスウールが 簡単に入れられない時は ブローイング工法でも良いと思います。  
          窓の気密は 樹脂製内窓で 強化できると思います
                                                                              
          工法は ひとつに統一しなくても 部分により 最適な方法を考えて 
                                        断熱欠損が出来ない様に すると良いと思います。


質問 006                                                                          
          我家は 築25年くらいの 木造住宅ですが 外壁が少々傷んで来たのでリフォームしたいと思っています。
         それに 冬はとても寒いので 何かいい方法は無いでしょうか。

答え 006
          外壁を手入れされるのは とても良い事だと思います。出来れば傷みだす前だともっと良かったと思います。
         屋根や 外壁などは 建物の防水機能ですから 劣化したままにしておくと 内部もすこしづつ劣化してしまいます。

          寒さ対策ですが 窓など開口部の気密化と 断熱強化をして 暖房効果をよくすると 良いと思います。
        外壁工事と一緒にだと 足場も使えるので 外部より断熱材を張る方が 内部の工事も少ないので良いと思います。
         しかし 答え002 003のような問題があるので 仕上材は軽量な 塩ビサイティングや金属サイディングに
        したほうが良いと思います


質問 005                                                                            
          オープンシステムで 家を造ると デザイナーズハウスでも とても安く出来ると 書いてありました。
         ツシマエンジニアリングでも オープンシステムで 作ることも出来ますか。

答え 005
          設計も工事も 理想的に進み完成すれば 良いシステムですが 実際は総合的な責任を持って 工事をまとめる人が
         不在になるので問題が起こるたびに 施主は 追加予算を支払うことになり 余り低価格に ならない事もあると思います。

          最初の図面通りだけでなく 工事途中でなければ 決められない細部の検討をしながら いい家が完成すると思います。


質問 004                                                                            
          高断熱高気密とよく宣伝していますが 高気密とは 何のことですか。

答え 004
          スキマ風を 無くするということです。断熱材により 壁や天井などの表面温度は 上がりますが 
         外気が入ってくると部屋は寒くなってしまいます。

          高気密工事で スキマを無くしたのに 換気システムで 外気を入れるのは 無駄だといわれたりしますが
         計画していない スキマは そこかしこに在り 文字どうり スキマ風ですが 
          気密工事をしてから 計画的に換気するのは 体に感じにくい暖房機の 上などに 吸気口を作り
         必要な分だけ 換気をするので 無駄がなくなります。


質問 003                                                                       
          外断熱工法は 高性能な硬質ウレタンボード使っているので とても暖かいと 聞いたのですが 
        一方で火災に遭うとすぐ燃えるので危険だと という人もいますが本当ですか。

答え 003                                                                                                
          完成した建物の断熱性能は 材料の単体の性能と 使用した厚さで決まるので 
         ウレタンだから 特別暖かいとは限りません。目指す断熱性能は どこでも 大体同じですから
         グラスウールで100o ウレタンで50oが 標準になっています。 

          ウレタンボード等も だいぶ燃えずらくなっていますし 直火が 当たらなければ 
         すぐ燃え広がるわけでは ありません。
         しかし高熱に弱いのは 確かなので 外壁材の下地にするには リスクが あると思います。


質問 002                                                                                                
          外断熱工法は 究極の工法だと 聞いたので 多少高くても 自分の家は そうしたいと思っていますが 本当ですか。

答え 002                                                                                                
          断熱理論上は とても良い工法だと思います。完璧な気密工事も 容易に出来ます。
         しかし 柔らかい断熱材の上に 外壁を施工するのは とても困難です。
         これを克服するために ハイコスト化 していると思います。
         それでも現状の建物では 安全性か 耐久性に 疑問があると思います。


質問 001                                                                                                
           木造住宅の建て替えを考えいいるのですが 外断熱と内断熱はどちらがいいですか。

答え 001                                                                                                
           どちらも しっかりと出来ていれば 断熱性能に大きな差は 無いと思いますが 
          私は グラスウールを使った内断熱が コストと性能(安全性 耐久性)のバランスで 良いと思います。


トップヘージ
プロフィール
ギャラリー
ディテール
質問 お問合せ